スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テクニカル分析に関するゆにのまとめ☆ 

学生ばっかり!学生FX投資家ランキング☆


毎日ちょっとずつだけど、FX勉強してます
ゆにのお勉強も兼ねてFXの知った言葉を書いてきますっ


テクニカル分析
テクニカル分析とは、過去の値動きをもとに未来の値動きを予測して売買のタイミングを計る分析方法です。

ファンダメンタルズ分析
ファンダメンタルズ分析とは、経済力を中心としたその国の動向を分析しながら投資する手法

MACD
MACD(Moving Average Convergence and Divergence)

テクニカルチャートの分析手法の一つ。
通常、12日と26日の平滑平均を使いその差をMACDと呼ぶ。
MACDの9日移動平均をシグナルと呼び、MACDがシグナルを上抜けば買い、またMACDがシグナルを下抜ければ売り。
ゼロの線のレベルを上抜け(下抜け)れば、更に強気の乖離を意味する。

ストキャスティクス
ストキャスティクスとはジョージ・レーンにより考案されたテクニカル指標です。
オシレータ(値幅を測る)系の指標で、買われ過ぎ・売られ過ぎを示し逆張りの投資手法によく用いられます。

一見RSIと似ていますが、ストキャスティクスは二本のラインで構成されていて、
それらの線の交差地点で売買ポイントを表すため、より確実な判断ができます。

ボリンジャーバンド
トレンド系のテクニカル指標で相場の変動幅や、反転のポイントを判断できます。
このバンドは移動平均戦を元に描かれ、相場の上下に位置し、相場がボリンジャーバンドに接触したら、そこが上限や下限と判断して、売りや買いのサインになります。
上下にあるバンド幅も変化していて、バンド幅が狭ければバンドを抜けることが多くなります。
ですが、バンドを超えた変化をした時、どのタイミングでまたバンドの間に戻るかの判断が難しいので注意が必要です。




FXプロ級の方、つまらない日記でごめんなさい



でも応援ポチ嬉しいです
にほんブログ村 為替ブログ FX 学生投資家へ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yunifx.blog19.fc2.com/tb.php/6-8b0dd157








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。